バブ日記

バブバブ言いながら書いちゃいます^^
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
バブーお買いもの
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
猫のマーキングと去勢は関係があり?
猫のマーキングと去勢は関係があるんでしょうか。去勢したら、めっきりマーキングをしなくなったという話を聞いたことがあります。しかし、去勢するというのは、赤ちゃんを作れなくするということであって、生きることを奪うこととは違うわけです。そうなるとマーキングするということはあってもいいのではないかと思います。

だって、マーキングとは猫が生きていくうえで最も重要な行為のひとつだからです。猫が去勢をしたためにマーキングをしなくなったということが本当であれば、それはほぼ生命を奪ったのと同じかもしれません。人間でいえば、中国の宦官にあたりますが、彼らはかなりの権力争いをしたことで有名です。宮中はいつも肝がんの権力争いだったというのがいろんな中国の古典を読んでもいつも出てくる話です。時には皇帝をも動かしていたのが宦官だったという話は枚挙にいとまがありませんね。ですので、去勢したからといって、マーキングを防止できるというわけでもありません。

逆に去勢をすると、生殖能力以外の部分がすごく伸びるという話を聞いたことがあります。つまり宦官は去勢をしたことによって、余計な誘惑がなくなり、その結果自分たちの能力を飛躍的に発揮できたということかもしれません。そうなると猫だって、いろいろな能力があるわけですから、その能力が伸びるのかもしれません。たとえばジャンプする能力とか、獲物を追いかけるときの敏捷性とか。そうなってくるとやはりマーキング能力というのも伸びてもおかしくないわけです。ひょっとするとマーキング能力がなくなるというのは、一時的なものだったのかもしれません。去勢手術は非常に多くの体力を使いますからね。

JUGEMテーマ:猫色々 
子猫(ねこ)の爪とぎを防止するには?
子猫の爪とぎを防止するにはどうすればいいんでしょうかね。。子猫に限らずなんですが、やっぱり子猫の時に爪とぎをしないようにしておけば、一番防止効果は高いのではないかと思いまして。ものすごくかわいいし、世話するのも全然苦にはならないんですけど、やっぱり爪とぎを子猫がしているのを見ているとちょっと家が壊れる〜みたいな(笑)。

これがマンションだったらどうしよう〜みたいな。もちろん子猫が爪とぎをしてしまうのであれば防止をするための壁紙なんかを張るってのも手段の一つなんですけど、それだけでは根本的な対策になりませんし、いつも壁に何か貼っておかなくてはならないというちょっと家の中のインテリアとしてはどうかな?と思う次第です。借家だったら絶対に猫と一緒に住むということはできなかったのかもしれませんが、幸運にも一緒に生活ができるので、できるだけ快適な生活を送りたいなと思う
次第なんです。

ねこだって別に一緒に生活している人間に迷惑をかけたいと思って爪とぎをしているわけはないですよね。あれは、匂いをつける行為らしいですね。つまりここは自分の縄張りだよと周囲に知らせているわけです。もちろんねことしてもそんなことをはっきりと考えているわけではなく、本能的にやっているのでしょうけど。だから完全に猫から爪とぎを奪ってはいけないわけです。また、やっぱり爪を研ぐという目的もあるわけです。

で、これは人間にとってもメリットのあることで、爪が伸びたままになると、ちょっとだっこしただけでも人間の肌が傷ついてしまうかもしれないからです。


JUGEMテーマ:ネコのつぶやき
 
ベビーベッドにつかまり立ち〜
ベビーベッドにつかまり立ちしちゃうなんて、ほんとかわいいっす。それまで寝床でしかなかったベビーベッドがいまやつかまり立ちのための重要な柱になっているわけです。もちろんいつまでもベビーベッドの中にいてもらっちゃ困るんですけど、いざベビーベッドを出ることになると、なんだか寂しいような気もしないでもないんですねこれが。

なんていうか、つかまり立ちをし始めると、いよいよ独り立ちの瞬間が近づいてきたみたいな。え?これが本当の独り立ち?うまいこといいますね。そうです。これが本当の独り立ちです。一人で立つから独り立ち。

うまいこといったものですね。ベビーベットに寝ていたころは、常に触れたのですが、歩きだすと、しかもまだまだつかまり立ちしている状態なので、うかつに触ると、バランスを崩しかねません。だから、これからは慎重に接しないといけないんです。大人が思っている以上に力が弱いですから、ちょっとしたことでもバランスを崩してしまうんですよね。

大人が全く気にしていなかったちょっとした障害物もバランスを崩す原因になりかねません。ましてや大人がちょっと触れるなんて、しかも少しでもスピードがついていたら、もう想像しただけでもちょっと怖いです。

だからベビーベッドにつかまり立ちし始めたのをかなり暖かい目で見守ろうかと思っている次第です。帰ってきたらすぐに頬ずりしたいんですけど、それをぐっと我慢して、自分で立とうとしているその様を目に焼き付けておこうと思います。もちろんビデオやカメラも総動員ですけどね。



JUGEMテーマ:我こそ親バカ*集合〜!!