バブ日記

バブバブ言いながら書いちゃいます^^
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
バブーお買いもの
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
猫のマーキングと去勢は関係があり?
猫のマーキングと去勢は関係があるんでしょうか。去勢したら、めっきりマーキングをしなくなったという話を聞いたことがあります。しかし、去勢するというのは、赤ちゃんを作れなくするということであって、生きることを奪うこととは違うわけです。そうなるとマーキングするということはあってもいいのではないかと思います。

だって、マーキングとは猫が生きていくうえで最も重要な行為のひとつだからです。猫が去勢をしたためにマーキングをしなくなったということが本当であれば、それはほぼ生命を奪ったのと同じかもしれません。人間でいえば、中国の宦官にあたりますが、彼らはかなりの権力争いをしたことで有名です。宮中はいつも肝がんの権力争いだったというのがいろんな中国の古典を読んでもいつも出てくる話です。時には皇帝をも動かしていたのが宦官だったという話は枚挙にいとまがありませんね。ですので、去勢したからといって、マーキングを防止できるというわけでもありません。

逆に去勢をすると、生殖能力以外の部分がすごく伸びるという話を聞いたことがあります。つまり宦官は去勢をしたことによって、余計な誘惑がなくなり、その結果自分たちの能力を飛躍的に発揮できたということかもしれません。そうなると猫だって、いろいろな能力があるわけですから、その能力が伸びるのかもしれません。たとえばジャンプする能力とか、獲物を追いかけるときの敏捷性とか。そうなってくるとやはりマーキング能力というのも伸びてもおかしくないわけです。ひょっとするとマーキング能力がなくなるというのは、一時的なものだったのかもしれません。去勢手術は非常に多くの体力を使いますからね。

JUGEMテーマ:猫色々